スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フクスケくんの飼い主さん、手術見送りになりました!

嬉しいご報告です。

皆さんにご心配をお掛けしておりました、フクスケくんの飼い主さんの手術が急遽見送りとなりました!

実は飼い主さんは、10/1に卵巣癌摘出の開腹手術を受けることになっておりました。
それが一昨日、手術前の最終検査の結果、卵巣癌ではなく卵巣出血の可能性が高まったとのことで急遽キャンセルに、一ヶ月間の様子見となったのです。
まだ一ヶ月後の再検査を待たないと何とも言えませんが少し明るい兆しが見えてきました!



しかし今回の一連の出来事..

飼い主さんにしてみれば、まるでジェットコースターの様なお話しでした。
また今回、飼い主さんが直面した事は、いつ何時、誰にでも起こりうることだと思います。


ちょっと長くなりますが、今日は今回の出来事の顛末をお話しさせて下さい。
特にペットを飼っている方、多頭飼いの方、自分自身の身に置き換えてお読み頂ければ幸いです。


*******************************************



ある日、飼い主さんの元にかかりつけのレディースクリニックから電話が入りました。

『先日の検査で卵巣癌の疑いがあります。早く大きな病院で診てもらって下さい。』



まさか自分に..

3年前から子宮頸がん検診に引っ掛かっていた飼い主さん。
今度は卵巣か..と信じがたい気持ちで地元の総合病院で詳しい検査を受けることになりました。
その診断の結果は、卵巣癌の疑いが非常に強く、どちらにしても摘出手術が必要であると言うものでした。
入院期間は2~3週間、そして、もしも卵巣癌だった場合は長期入院が必要であること。
その後の抗ガン剤治療のこと、そして抗ガン剤が効かないとなれば余命は半年から1年半であること..



幼いお子さんを抱えるシングルマザーの飼い主さんは、頭が真っ白になりました。


『とにかく、できるだけ早く手術をしなくては。』

でも、総合病院での手術の予約は最短でも2カ月後..



病院からは、もしも、もっと早い手術を希望であればご自身で探して下さいとにべなく言われ、飼い主さんは絶望感に浸る間もなく病院探しに明け暮れました。

去年ようやく見つけた派遣のお仕事も休業せざるを得なく、身寄りもないため娘さんの受入先探しも深刻な問題となりました。



そして数日経ったある日、混乱する飼い主さんの頭にある不安がよぎります..

『そうだ、4匹の猫たちはどうすればいいのだろう..』


思い当たる知り合いにはお願いをしてみても、そう簡単に預かり先は見つかりません。
飼い主さんは焦りました。

『このまま、入院の日が来てしまったら..』


そして、かなりのパニック状態で私のところに相談の電話をしてきたという次第です。

私もそのお話しを聞いて、事の深刻さに思わず、ぞっとしました。


考えてみれば、当然のお話です。
でも当然の話しではあるけれど改めて考えてみると、人間に飼われている猫達は、お水、餌、トイレの世話、最低限この三つがないと命をつないではゆけません。
飼い主が何週間も戻らない家でペットシッターも来てくれないのであれば、猫達は死を待つしかありません..。

なんとしても預かり先を見つけよう。

猫のこと以外にもやらねばならないことが山積している飼い主さんに変わり、4匹の猫達の里親探しをすることになりました。

そして、皆さまのご協力のお陰でなんとか4匹の猫達の命をつなぐ体制を整えることができました。



その間、飼い主さんも必死に少しでも早く手術をしてくれる病院を探しました。
大きな病院は検査も一日掛かりです。
重ねる検査の結果に希望はなく、『癌の疑い』がやがて『断定』に変わっていきました..。


そして4軒目の病院で、ようやく10/1の手術にこぎ着けました。
手術先が見つかれば、次は高額な入院費用の工面の問題にも直面しました。

別れた旦那様の家にも頭を下げ、娘さんの保育先に面談に行ってもらったり、合い間には仕事の引き継ぎも行いました。

そして、ようやく一通りの準備を整え、手術の日を迎えようとしたその時。
病院から最終検査の結果が出て、手術の見送りが決まったのです。


飼い主さんは、どれほど安堵されたことでしょう。
まさに、土壇場で生かされたと言うのが正直な感想だったのではないでしょうか。





それで..

今回のことで私は思うのです。
人生は、いつ何どき何が起こるかわかりません。
いい時もあれば悪い時もあるのが人生です。

また立て続けに災いが降りかかることもあり得ます。


ペットを飼うこともそうです。
今回、飼い主さんも何もなければ4匹の猫と平穏な日々を過ごしていたことでしょう。

しかし、一度自分の身に不測の事態が起こった時、4匹の命を自力で確保できないと言う事態に直面しました。

飼い主さんは、今回の事を教訓に現在トライアル中である3匹をこのまま信頼のおける里親さんに託したいと思っています。
そして、人見知りのフクスケくん一匹はできるなら自分の手元に残し、生活を立て直したいと思っています。


しかし、待っている現実はそう甘くはないこともわかっています。

生活を支えていた派遣先のお仕事も結局解雇となり、一ヶ月後の再検査も無事に乗り切れる補償はありません。
万が一、また今後緊急手術が必要になったり、入退院を繰り返すようなことになれば、再びフクスケくんの身を守りきれるかどうか..

飼い主さんは、どうするのがフクスケくんにとって幸せなのか思い悩んでいる様子です。




私自身も今現在、5匹の猫と暮らしており、今回の事は決して他人事ではありません。

万が一の事態が起こっても猫達を守れるように、改めて親兄弟、友達にお願いをするのも良いでしょうし、日頃から猫友と親交を深め、持ちつ持たれつの良好な関係を築くのも大切だと思いました。
また何より、健康管理に気を配り、猫達の為の蓄えを継続的に行うことが必要であると思いました。

今回のことは、私自身とても良い教訓になりました。



それと同時に、飼い主として命あるものを預かる責任の重さも痛感しました。
ペットを飼っているの全ての方に、今一度お考え頂ければ..そんな出来事でした。




今回のフクスケくん達4匹の救済に関しては本当に多くの方からのご支援を頂きました。
私自身、非常に追い詰められた状況下で、みなさんから頂いた数々のご支援にどれほど救われたことでしょう。
本当にいくら感謝をしても感謝しきれません。


まだヒメちゃん、タビちゃん、マオくんはトライアル中の身ではありますが、どうか皆さま今しばらく温かく見守って頂ければと存じます。

それと、どうかフクスケくんが幸せなニャン生をまっとう出来ますように。
そう心から願わずにはいられません。




最後に飼い主さんから預かりましたメッセージを掲載したいと思います。
長くなって申し訳ありませんがお読み頂ければと存じます。




*******************************************



フクスケ達の救済にご支援を頂きました皆さまへ



まず、この度多大なご支援、ご協力をいただきました皆様に、心から感謝の気持ちを述べさせていただきたいと思います。本当に本当に、ありがとうございました。

一時預かりを申し出ていただいた方、ペットシッターをかってでていただいた方、里親希望のメッセージを下さった方、情報を拡散していただいた方、そしてすべての司令塔となって逐一私に状況報告をしていただいたnono様。

人のつながりのありがたさ、身にしみて感じることができました。

ただ感謝感謝、心からありがとうございます。





私は5年前、家を買いました。猫に囲まれて暮らしたかった私は、4匹の猫に囲まれて幸せに暮らしていました。2階を猫専用の部屋にして、キャトタワーは4台、当時の夫からは人間の居場所がないと言われていました。

そして娘が生まれ、放射能により引越し。その直後に離婚。それでも、身寄りのない私には唯一の家族である娘と大好きな甘えん坊の猫たちに囲まれて、本当に幸せに暮らしていました。

それが2週間前、突如病院からの一本の電話で一変してしまいました。



3歳の娘、4匹の猫、仕事を抱えてのいきなりのガン告知。パニックでした。

まず頭にうかんだのは、3歳の娘のことでした。誰に預けるか、もしも私が死んでしまったら?

無邪気に笑う娘を前に、この子を不幸にはできないと心当たりに連絡をしまくりました。

と同時に手術をすぐしてくれる病院探し。残してきた仕事。

そしてパニック状態で家に帰って、迎えてくれた4匹の猫たち。娘のことに必死で、また、そこにいることが当たり前過ぎて、気づくのが遅くなってしまいました。この子達どうしよう。。。すぐに心当たりのある知り合いに連絡をしまくりましたが、そう簡単に4匹の預け先は見つかりません。そして、以前から問題が起こるたびに的確なアドバイスをいただけたnonoさんにSOSの電話をかけることから、始まりました。



その後、手術予定日直前のキャンセル..

本来ならば、手術がキャンセルなら里親探しも必要はないのではとのお声もあるかとは思いますが、体に不安を抱え、もしまた再び緊急入院になった際、今の私にはお恥ずかしながら4匹の命を守れるだけの力がありません..
本当にありがたいことに、4匹のうち3匹は、既に優しい里親さんの下でトライアルに入らせていただいており、今回の最終検査の結果をお伝えさせていただいた上でも、里親希望としてトライアルを継続していただけることとなりました。本当に良い里親さんに恵まれたと感謝しております。



今回皆様にたくさんのご支援をいただいた私にできることは、現在、私のもとに残っているフクスケの行く先を責任をもって幸せにしてあげることだと思います。そして、今回私が得た教訓を、すべての猫飼いの方にも知っていただければと思います。

今回、ご協力、ご支援をいただいたご恩は到底忘れることはできません。今後同じように困った方がいらっしゃれば、できる限りお力になりたいと思います。

言葉では何度申しても足りませんが、本当にありがとうございました。
この場を借りて深くお礼を申し上げます。

                           フクスケ達の飼い主より



スポンサーサイト
Category : 奇跡のパンダねこ~nono~ / TrackBack : 0 / Comment : 8
Theme : 保護活動 / Genre : ペット


Comment

飼い主さま、まずはよかったですねぇ。楽観はできないのでしょうけれど…。

このところ仕事でがん患者さんのお話をうかがうことが多く、私自身、父をがんで亡くし、母もがんを経験していますので、がんと診断されたときの絶望感やショック、精神的なつらさはわかるつもりです。

どうかがんではありませんように。手術せずにお元気になられますように。心からお祈りしています。

nonoさんおっしゃるように、今回のようなことは、ほんとうに他人事ではないですね。
いざというときにどうするべきなのか、自分もしっかり考えて備えておくべきだと思いました。

ただ、たくさんの皆さまのご支援があったという事実は、無縁社会なんて言われる世の中だけれど、まだまだ希望があることを示しているように思います。

結局、最後に頼れるのは自分だけ。人生にそういう側面があることは間違いないことだと思うけれど、支え合うこと、助け合うことで、険しそうに見えていた道が拓けることもあるはずです。自分も微力ながらそんなお手伝いができればと思っています。

あのときは大変だったのよ、と将来、飼い主さまとお子さんが笑い合えるようになることを、願ってやみません。
2012/09/29(土) 08:17:54 | URL | あこ #-[ 編集]
人間も猫もいつ何が起こるかわからないってわかっていても、そうなった時のことちゃんと考えてなかったな~って思います。
人間の子なら少し大きくなれば手がかからなくなって、ひとりで生きていけるけれど、猫はね。
私も身寄りが少ないので、フクスケくん達のことは良い教訓になりました。

フクスケくんとご家族、里子に行くことになるであろう3ニャンが幸せに過ごせますように。
念じます!
2012/09/29(土) 10:09:48 | URL | のりすけっち #-[ 編集]
Re: タイトルなし
あこさん、コメントありがとう。
そしてその節はご支援もm(__)m

本当ですね。
あこさんのおっしゃる通り、今回、ネットを通し、しかも他人の飼い猫に対して、世の中の人々が温かな手を差し伸べてくれると言う思いもがけない体験をしました。
今後自分も困っている方を見かけたら、自分に出来得る限りの協力をしてあげるべきだと思いましたし、現代のペット問題の象徴的な出来事だと思いました。

みなさんと広く共有できることを望みます。
2012/09/29(土) 11:16:33 | URL | pandanekonono #-[ 編集]
Re: タイトルなし
のりすけっちさん、本当だよね。
今までは漠然と愛情さえあれば、飼い猫のことを一生守り抜けると思っていましたが、それは思いあがりだったのかもしれません。

不測のことは思いもがけず突然にやってきますので、その時にうろたえず対処できるようにしっかりとした備えが必要なのですね。
わかってはいるけどなかなか..

でも今回の件で本当に真剣に考え実行できそうな気がします。
2012/09/29(土) 11:20:31 | URL | pandanekonono #-[ 編集]
こんばんは
>nono さま

ひとまずはお疲れ様でした!
nono さまの呼びかけがあってこそ、短期間で物事がうまく運んだのだと思います。

しかし本当に、今回のことは決して他人事ではないのですよね。
いろんな意味で教訓になりました。


>フクスケくんたちの飼い主さま

このたびのことは本当にいろいろ身につまされました。
しかし考えようによっては一病息災、無病よりも1~2度大きな病気を患った人の方が、その後身体に気を遣って健康で過ごせると申します (私もそのくちです)。

今回の件で、具体的な結果に結びつかないまでも、本当にたくさんの人たちが何かできないかと動いてくれている様子には、不謹慎ですが感動を覚えました。

がんばっている人に、きっと神さまは報いてくれる、そう信じたいです。
この先、娘さんやフクスケくんと平和に過ごせますようお祈りしておりますね。
どうぞお大事に。
2012/10/01(月) 23:37:00 | URL | まや #o4rjoBl6[ 編集]
Re: こんばんは
まやさん、その節は本当にありがとうね。

> しかし考えようによっては一病息災、無病よりも1~2度大きな病気を患った人の方が、その後身体に気を遣って健康で過ごせると申します (私もそのくちです)。

↑本当にそうかもしれません。
飼い主さんには身も心も早く健康になって貰いたいですね(^_-)-☆
2012/10/02(火) 00:07:39 | URL | pandanekonono #-[ 編集]
nono様

仙台の友人からの拡散で状況をつかみできるだけ拡散しましたが、その直後に当家の猫の病気発覚と通院や入院と、その後の辛い日々に追われ忘れていました。
本日フト気になりブログ訪問で幸せの便りが綴られていたときに、ホット安堵しました。
皆さんの温かいし支援が心に染み込み感謝の一言です。

2012/10/15(月) 21:03:43 | URL | gakaneko #RO8RHgXw[ 編集]
Re: タイトルなし
gakaneko様

はじめまして。
nonoと申します。

その節は、フクスケ君達の為に、情報の拡散をして頂きまして本当にありがとうございました。
お陰で4匹ともピンチを切り抜けることができました。

gakanekoさんのニャンコさんがご病気になられたとのこと。
その後、ご様子はいかがですか?
gakanekoさんの大切なニャンコさんが一日も早く元気になりますように心からお祈り申し上げます。






2012/10/15(月) 21:49:22 | URL | pandanekonono #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

pandanekonono

Author:pandanekonono
nonoと申します。

野良猫大好き。
いつも頭の中には、野良、野良、野良。

現在はニャンコ4匹と仲良く暮らしています。


あと野良猫の保護活動を応援しています!

オリジナルグッズ

【奇跡のパンダねこ】オリジナルグッズ!
収益はすべて野良猫支援に役立てます。
★Tシャツご注文の際の注意★
アイテムによりサイズが通常より大き目小さ目とまちまちです。
必ずサイズ表を確認してね。
upsold「アップソールド」
奇跡のパンダねこ(救援隊ロゴ)
奇跡のパンダねこ(救援隊ロゴ)
税込価格:1,805円


数量:

upsold「アップソールド」
奇跡のパンダねこ(nono1_p)
奇跡のパンダねこ(nono1_p)
税込価格:2,584円


数量:
オリジナルグッズ産みの親、ゆばばさんのショップだよ♪
[ゆ]オリジナルグッズ
パンダねこファミリーの里親さんショップです♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
ご挨拶 (2)
奇跡のパンダねこ~nono~ (20)
家の子にゃんこ (44)
家の子 にゃにゃ (33)
家のシェフ (20)
駅裏ニャンコ達 (1)
駅裏ニャンコ 茶実 (141)
駅裏ニャンコ ピッピ (7)
しま子ちゃん (2)
ポンちゃん (1)
諷汰くん (3)
マカオちゃん (1)
ベッキー&マッキー (2)
ブリーダーワンコ (1)
兄宅にゃんこ (8)
ひまわり娘 子夏(ナナ) (2)
アイドル猫 くぅちゃん (1)
家の子 キキ (13)
トラ猫姉妹 マコ (2)
トラ猫姉妹 ゆり (4)
トラ猫姉妹 (3)
茶トラ10 きょうだい (46)
美少女 ラッシー (4)
里親大募集 (6)
ピュア猫 ララ (13)
パンダ猫オリジナルグッズ (8)
ゾロ&トラ (11)
コミと足袋 (1)
お寿司や兄弟 (2)
美少女伝説 クレア (2)
野良猫保護活動 (11)
カンガルージェリー (30)
おっとりアンデス (8)
チャイナにゃんズ (20)
フレンチにゃんズ (41)
不機嫌なぽにょ (1)
心配性のポポロン (9)
ぷるぷる子猫 プリン姫 (5)
プレイボーイ レオン (14)
とろけるメロン王子 (4)
つるみ・地域猫をすすめる会 (4)
琥珀色の男の子 リップ (10)
幸せ キラキラ ハッピー (7)
新!マカオ&ジャッキー (1)
愛するおまる (2)
家の子 リリ (8)
家の子 チョビ (1)
虎二郎と茶三郎 (6)
かまぼこ王子 (4)
山菜にゃんこ (4)
ピスカとプーリー (2)
真夏の少年 パイナップル (3)
アーチスティック シェリー (2)
ゆず坊とさくらんぼ姫 (2)
茶民党の党首 茶実 (5)
パンダねこ夫婦 東北旅日記 (49)
東日本大震災 被災ペット (15)
東日本大震災 (3)
フクスケ (11)
流し目王子 ジュリー (3)
今日のお家カフェ。 (1)
猫政治家 メイメイ (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Illustration by ふわふわ。り Illustration by[ゆ]・・・ Designed by サリイ
Copyright © 奇跡のパンダねこ ~nono~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。