スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小さな黒猫ちゃんに祈りを..

今日、会社帰りに駅裏畑ニャンコ達の様子を見に行ったんです。
そこで、散歩中のおばさんと会い、悲しいお話を耳にしてしまいました。



一週間ほど前..。

ひとりの男性が、この畑に子猫を捨てに来ていたそうです。
その子猫は、まだ手の平に乗るほど小さな黒猫ちゃんでした。

その男性は黒猫ちゃんを畑に置き去りにしようと何度も試みました。
でも、その度に黒猫ちゃんは、必死に男性の後を追いかけていたそうです。

偶然、その様子を目にしたおば様は、『可哀そうだから捨てて行かないで』と声を掛けたそうです。

でも翌朝..
畑にはポツンと寂しげな黒猫ちゃんの姿が..


そして黒猫ちゃんは、この後すぐに先住野良達からこの畑を追われてしまいました。
※畑のオーナーに聞いてみても姿を見たのは一度きりの様でした。



それから二日後、冷たい雨が降る夜のことでした..。

おば様が、畑から150メートルぐらい離れた草むらの向こうから子猫の鳴き声がするのに気付きました。
こちらから声を掛けると鳴き声は一旦止み、その場を離れようとすると、必死に鳴いて呼び止めると言う感じだったそうです。
しかし、残念ながらいくら目を凝らして見てみても、暗闇の草むらのむこう、子猫の姿を確認することはできませんでした..



恐らく..
この鳴き声は黒猫ちゃんだったと思うのです。
それ以来、黒猫ちゃんの消息はぷつりと途絶えてしまいました。

もしも、本当に黒猫ちゃんだったとしたら..

ひとり真っ暗な草むらの中、行く宛てもなく冷たい雨に打たれ続けた黒猫ちゃん。
人間の温もりを求めて、祈るように鳴き続けました。
やがて、その小さい命は溶けるように力尽きてしまったのかもしれません..

それを思うと悲しい気持ちが溢れてやりきれなくなりました。

今度、生まれる時は温かな家庭の元で一生暮らせますように。
そう祈らずにはいられません。


にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

旧ブログ http://pandanekonono.jugem.jp/
★問い合わせはこちら


1786176117866.gif
スポンサーサイト
Category : 未分類 / TrackBack : 0 / Comment : 0


Comment

Comment Form


秘密にする
 

TrackBack URL

TrackBack List

プロフィール

pandanekonono

Author:pandanekonono
nonoと申します。

野良猫大好き。
いつも頭の中には、野良、野良、野良。

現在はニャンコ4匹と仲良く暮らしています。


あと野良猫の保護活動を応援しています!

オリジナルグッズ

【奇跡のパンダねこ】オリジナルグッズ!
収益はすべて野良猫支援に役立てます。
★Tシャツご注文の際の注意★
アイテムによりサイズが通常より大き目小さ目とまちまちです。
必ずサイズ表を確認してね。
upsold「アップソールド」
奇跡のパンダねこ(救援隊ロゴ)
奇跡のパンダねこ(救援隊ロゴ)
税込価格:1,805円


数量:

upsold「アップソールド」
奇跡のパンダねこ(nono1_p)
奇跡のパンダねこ(nono1_p)
税込価格:2,584円


数量:
オリジナルグッズ産みの親、ゆばばさんのショップだよ♪
[ゆ]オリジナルグッズ
パンダねこファミリーの里親さんショップです♪

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Illustration by ふわふわ。り Illustration by[ゆ]・・・ Designed by サリイ
Copyright © 奇跡のパンダねこ ~nono~ All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。